Skip to Contents

 Profile 営業本部 中部営業統括部 豊田支店 営業一課 2011年入社 文理学部 心理学科卒 大手自動車メーカーや自動車関係の生産設備を製作するユーザーを多く担当しています。設備に組み込むLMガイド等の製品の仕様について、お客様と打ち合わせをしながら、真のニーズを見つけ出し提案します。自動車業界は開発スピードが加速しており、素早い対応が求められ、要求の難易度も高いですがその分やりがいがあります。

動機 製品が使用される業界に限りがなく案件も豊富

動機イメージ
私はB to Bのメーカーをメインに就職活動をしていました。以前から、技術大国の日本に生まれたからにはものづくりの企業で仕事がしたいと考えていたからです。当初は、機械業界に限らずさまざまな業界のメーカーを探していましたが、就職先として絞り込みをして行くなかで、部品を扱うメーカーの営業職に興味を抱くようになりました。特に機械要素部品メーカーは製品が使用される業界に限りがなく、なおかつ各業界において関連する開発案件が豊富なため、技術者でなくとも、営業としてお客様の懐深くに入り込み、さまざまなものづくりを提案できるのではないかと考え、今の業界を志望しました。

決断 専門知識を身に付ければプロとしての提案ができる

変化イメージ
私がTHKを選んだ理由の一つには、内定をもらった企業の中で製品シェアがずば抜けて高かったということがあります。それともう一つ、一般の消費者には馴染みのない製品を取り扱っていますが、それが逆に面白いと感じました。機械づくりという分野の専門家であるお客様に対して、自分が今までまったく知らなかった機械要素の専門知識を営業として身に付けていくことで、プロとしての提案ができる、そんな新しいチャレンジに魅力を感じました。また、製品の使用分野がとても広いので、「今後の市場開拓はこれから入社する私たち若い社員が推進していくんだ」と目標を描けたことも重要でした。

成長 お客様の心の声が理解できるようになった

強みイメージ
成長したと感じたのは、営業において自分が旗振り役となって、上司や他部門の人たちに働きかけ、アクションを起こしてもらい、自分の思い描いた通りに仕事を進められるようになったことです。社内で多くの人の協力を得ながら仕事を進めるには、お客様からの情報をいかに正確に把握し展開できるかが大事です。営業を任されたばかりのときは、上司に「お客様が何を求めているのかわからない、お客様のことを一番理解しているのが営業という仕事だろ?」とよく叱られました。現在は、お客様の言葉を緊張感を持って積極的に聞き、心の声を理解することを意識して活動しています。お客様の求めているものが分かるようになってきたことで、自分が描いたシナリオで仕事が運ぶことの面白さを知ることができました。

職場 先輩から学んだことすべてが私の基礎になっている

職場イメージ
営業を任されて初めて担当ユーザーを受け持った頃は、製品知識についてもカタログに書かれている教科書的なものばかりで、実践的な知識に乏しく、お客様に対して適切な提案をすることができませんでした。そんな中、先輩社員には本当に助けてもらいました。客先に同行してもらい、自分の力では聞き出せないような情報をお客様から聞き出してもらったり、持ち帰ったお客様からの宿題について夜遅くまで一緒に検討してもらったりしました。お客様からの厳しい要求を実現するために、社内の関連部門にお願いをしてもらった事もあります。先輩社員から学んだことすべてが、私の営業としての基礎となっています。

エントリーはリクナビから

リクナビ2019