Skip to Contents

Profile 経営戦略本部 財務経理部 経理課 2011年入社 商学部 商学科卒 社内の経費に関する業務を担当しています。例えば、請求書や社員が立て替えている経費精算の内容チェックなど。また、会社の入出金に関わる伝票処理も行っています。いずれも細部まで確認する必要があり緊張感があります。他に決算資料のデータ作成も行います。  悩んで、「何がしたいのか」を見つめ直したとき あのユニークな製品を思い出した

興味 自分は何をして社会に影響を与えたいんだろう

興味イメージ
さまざまな業界の企業が集まる学内セミナーに参加し、多くの企業を知ることから就職活動を始めました。THKとはそこで出会いました。志望業界とは違いましたが、見たこともないようなユニークな製品を作っているメーカーで、気になりました。就職活動が進むにつれて、噂話のようなものも含めて飛び交う情報に翻弄されるようになり、目的を見失いかけていました。なかなか志望業界から内定がもらえず落ち込んでいたとき、「自分は何をして社会に影響を与えたいんだろう」ということを考え直しました。そのときTHKのあのユニークな製品を思い出したんです。

変化 会社を裏方から変えていく存在になりたいと思った

変化イメージ
文系でまったく機械の知識がなかった私ですが、初めて見るTHKの製品は魅力的で好奇心をそそられました。物の動きをスムーズにする原理を応用して、より便利で快適な社会を作っていける、とイメージが膨らみました。初めは営業として製品を世の中に広めることで社会に貢献したいと考えていましたが、選考が進み企業研究を続けるうちにTHKの強い収益構造に着目するようになり、より一層利益が出る会社にしたい、THKをもっともっと良くしていきたいと考えるようになりました。そして入社後は財務・経理部門に携わって、会社を裏方から変えていく存在になりたいと働くイメージができました。

強み 相手の状況や気持ちを考えて行動する意識

強みイメージ
学生時代、教育実習や接客業のアルバイトを通じて、相手の状況や気持ちを考えて行動する意識が身についたと思います。特に教育実習では苦手意識を持っている生徒がどうしたら話を聞いてくれるかを考えました。雑談から授業をスタートしたり、自分の経験談を話したりすることで、少しでも生徒が興味を持ってくれるように工夫しました。今、色々な部署から問い合わせを受けますが、相手は立場も職種も役職も全然違う人ばかり。専門用語を使ってしまうと、余計な混乱を招くことになりかねません。わかりやすい言葉でシンプルな説明を心がけ、必要に応じてメールでフォローをしたりするように意識しています。

成長 トレーナーのお陰で自ら考え動けるようになってきた

成長イメージ
問題が起きたときに自分で考えて行動できるようになってきたことです。初めは何をするにも先輩に確認したり、質問したり、先輩がいないと何もできないような状態でした。でもOJTを通じて自分の業務を振り返ったり、トレーナーからアドバイスを受けたりすることで、何が良くて何が悪かったのか、どうすれば良かったのかということを少しずつ学ぶことができました。定期的にトレーナーと面談していろんなことを話せたのも良かったです。それと、同期とはよく飲みに行ったり遊びに行ったりするのですが、仕事がしんどいときに「自分だけじゃないんだ」「みんなも頑張っているんだ」と励まされるのも成長の原動力です。

エントリーはリクナビから

リクナビ2019