Skip to Contents

   Profile 技術本部 技術開発統括部 技術開発第一部 2012年入社 理工学部 機械情報工学科卒 LMガイドの開発、改良、顧客対応など幅広いのですが、今は主に顧客対応業務を担当しています。工作機械メーカーなどのお客様の製品に対する改良のニーズに応えるため、仕様や設計の見直しを行っています。また他部門と連携しながら、試作品製作、試験評価なども行います。  一人ひとりの良い部分を、 真っ直ぐな気持ちで見てくれている

変化 自分は甘いと気付き、考えを改めたとき出会った

転機イメージ
始めの頃の私は、周りの学生と比べると就職活動を軽くとらえていたんだと思います。とりあえず地元で働くのも良いかな…、などと楽観的に考えていました。友達の誘いで合同企業セミナーへ参加したことをきっかけに、企業数の多さ、そして各社の採用にかける熱意に驚きを感じました。自分が就職の表面的なところしか見ていなかったことに気付いて、真剣に深く考えなければと反省しました。それからは、自分が学んできたこと、研究成果を生かしたいと考えるようになりました。そして研究の延長線上にあるTHKを受験しました。

決意 ポイントは「人」。この人たちと一緒に仕事がしたい

決意イメージ
世界トップシェア、グローバルカンパニーなど、THKにはさまざまな魅力がありました。しかし、私が最終的にTHKを選んだポイントは、何といっても「人」です。採用面接を受けていく中で、私の話を親身に聞いてくれ、一人ひとりの良い部分を、真っ直ぐな気持ちで見てくれているのがわかりました。人の温かさが溢れる会社だと、会社説明会、面接と選考が進むにつれ感じることができ、「こんな人たちと一緒に仕事ができたら」と決意を固めました。

強み 苦労して手書きで書いた、製図の経験が生きている

専門イメージ
私の出身大学では製図の授業があり、2D・3DのCADではなく、ドラフターを使用して手書きで製図を行っていました。CADでは、ミスをした場合PC操作で簡単に消去できますが、手書きの場合はすぐには消せません。それ以外にも何かと手間がかかって大変です。しかし、手書きで図面を書く作業は、設計プロセスを知り、設計力を養う上でとても重要なものです。仕事上では、2D・3DのCADを使用していますが、適切な線の太さ、寸法配置など、細かい部分で手書きの製図の経験が生きており、見やすい図面が書けているのだと感じています。

職場 いつも自分を見ていてくれる先輩がいる

職場イメージ
開発部門に配属となった当初は、壁にぶつかると、答えを探して一人で悩み、抱え込むことがありました。相手に意見を求める積極性のない自分がいて、それによって多くの時間を無駄にしていたんです。その姿を見かねた先輩に、「5分考えて分からないなら、聞きに来なよ」と優しい言葉をかけてもらいました。気持ちが楽になり、それからは、分からないときはすぐに聞けるようになって、本当に先輩たちにはいつもサポートしてもらっています。いつも自分の気持ちを感じてくれている先輩がそばにいることは、仕事をしていく上で、私の支えになっています。

エントリーはリクナビから

リクナビ2019