Skip to Contents

営業・管理系 海外営業支援 時間との戦いの中でスキルを磨き ワークライフバランスを実現して行く 営業本部 海外営業統括部 海外業務部 オーダーマネジメント課 2005年入社 文学部 国際文化学科

世界で活躍するTHKならきっとおもしろい人生を送れる

イメージ

 大学では美術の勉強をし、博物館の学芸員になることを考えていた私がメーカー志望に変わったのは、国内メーカーの技術力に感動し、それを通して世界と繋がりたいと思ったからです。グローバルな舞台で働きたかった背景には、小学校時代をアメリカで過ごしたときに感じた異文化の楽しさや、英語が好きだったこともあります。THKを初めて知ったとき、そのマーケットの広さには衝撃を受けました。世界中のありとあらゆる分野で活躍している企業で働けたら、おもしろい人生が送れると確信しました。直動と言うシンプルな動きを追求している。そこに秘められた可能性にも魅了されました。入社して現在にいたるまで、その気持ちに変わりはありません。
 現在は、欧米からの受注や新規引合に関する案件に携わっています。その内容は、納期、価格、仕様の確認、開発、修理等々、多岐に渡っています。もちろん私が全て行える訳ではないため、開発•製造部門との連携は欠かせません。いかに他部門から協力をしてもらえるかが重要であり、協力を得るためにはいかに情報を伝えるかが重要です。そのキャッチボールを通して得られる社外•社内の信頼関係が、私の仕事を支えています。無茶なお願いをすることがありますが、「やりましょう!」と、引き受けて下さる皆様に感謝の毎日です。

海外が相手だからこそ、常に仕事は100%期待に応える

イメージ

  国内と海外のお客様との大きな違いの一つは時差があることです。お客様に納期や仕様に関する連絡をしてもその日の内に返答がくることはほとんどありません。お客様からのお問い合わせについても同じです。こちらからの回答も、早くて相手の翌日になってしまいます。この時差を埋めるために、ただ聞かれたことだけに答えるのではなく、相手の意図•目的を想像して、付加価値をつけて提案することを心がけています。
 また、海外への製品輸送時間も大きな違いの一つです。例えば、アメリカに船便で製品を輸送する場合、準備を含めれば完成から配達まで二ヶ月近くかかってしまいます。一つのミスで大幅に時間をロスすることになるのです。だから、常に早く、正確に100%仕事をすることを意識しています。入社から5年間、製品の輸出手配に携わっていたため、物流の重要さは身にしみています。製品が完成しても、物流が間に合わず、納期を守れなければ努力が水の泡。間に合わなければ輸送業者と交渉し、何としても間に合わせなければなりません。ただし、コストは考慮しなければならない。このバランスが難しいのです。

結婚、出産、休業、復職と安心して働ける会社

イメージ

 入社6年目、私は結婚し、その2年後に男の子を出産しました。とても嬉しかった半面、ちょうどこの仕事の本当のおもしろさがわかり始めたころだったので、少し後髪引かれる思いもあったのですが、産休と育児休業を合わせて1年5ヶ月ほどいただき、その後復職しました。ちなみにTHKでは私のようなケースは決して珍しくなく、同じフロアにも働くお母さんが何人もいて心強いです。
 今は午後4時までの時短勤務を続けていますが、だからこそ限られた時間で最大限の成果をあげる意識がより身につきました。一日の中で、まずその日にできることとできないことを整理すること、そしてできないことは正直に伝えることが周囲との信頼関係において重要だと感じます。これからも、時間に制約があることをマイナスに捉えず、自分の成長のチャンスだと考えてスキルアップしていくことで、ワークライフバランスを実現していきたいと思います。

エントリーはリクナビから

リクナビ2019