Home > 再生可能エネルギー 機械要素部品 研究・開発への取り組み

未来を見据えるTHK ~クリーンな電力供給を目指して~



垂直型風車水平型風車

     垂直軸型風車                    水平軸型風車

2015年02月09日

 THKは風力発電機用の機械要素部品を研究・開発するため、THKインテックス仙台工場敷地内に垂直軸型風車(直径3m)2台と水平軸型風車(直径10m)1台を設置し、実証実験を行ってきました。
実証実験を終え、現在、工場敷地内にある駐車場の照明電力として風力エネルギーを利用し始めています。風力発電と共に新規に展開を図っている水力発電を通した、地球に優しいクリーンエネルギーへの取り組みについて紹介いたします。

PDFファイル(403KB)

 

風力発電装置

垂直軸型風車
 風車専用の回転ベアリングを組み込んだ低トルクシャフトユニットの商品開発を進めています。弱い風力でも羽根が軽く回り、風速に応じた最大電力を得られるようになり、高い発電効率を実現しました。また、お客様の組み立てや調整といった工数軽減を図ります。

水平軸型風車
 風向の変化に対して風車の向きを制御するYaw軸ユニットのベアリングの代わりに、部分的に取り外し可能なTHK製品「Rガイド」を採用しています。旋回軸で故障が起きた場合でも故障部分だけの取り替えで済み、交換作業の軽減が可能になりました。また、風車の翼の角度を変化させ、風車の回転数を制御するPitch軸ユニットの電動アクチュエータ化を進めています。

水力発電装置

直線翼垂直軸水流発電機
垂直軸風車の技術を応用し、発電効率の高い水力発電機の開発を進めております。国内(神奈川県 相模川左岸土地改良区)・海外(台湾)において、農業用水路を利用した実証実験を行っております。

PAGE TOP