Skip to Contents


Home > 和の伝統技術と最新ロボットテクノロジーの融合した 次世代ストアフロント・パッケージを展示

伝統技術と最新ロボットテクノロジーの融合した
次世代ストアフロント・パッケージを展示

2018年6月05日

THKは伝統の技と最新のロボットテクノロジーを融合させた次世代ストアフロント・パッケージをMPUF(代表:枷場 博文、東京)と共同開発し、「第3 回 サービスロボット開発技術展」で初めて出展いたします。

本展示会では、重要無形文化財総合指定保持者の観世流能楽師 勝海登氏が監修した”MotionTracer”(モーショントレースシステム)により取得したデータを用いて、SEED Platform Robots“SEED-Noid”(汎用人型モバイルマニュピュレーター) が、演目「羽衣」の装束を付け、舞いを演じます。

THKが目指すものは、単なる能楽とロボットの組合せではなく、日本人が持つ精神、感覚など和の文化と最新ロボット技術が融合した新しいイノベーションの創造です。その第一段として、今回、ショッピングモールや遊戯施設、博物館等の訪問者へこれまでにない体験を提供する『人とロボットが共に参加し楽しむ』次世代ストアフロントをご提案いたします。

なお、本取組は全国展開を予定しています。

 

SEED Platform Robots“SEED-Noid”


SEED solutions の詳細はこちら(専用サイト)

サービスロボット開発技術展

6月7日(木)~8日(金)の2日間、インテックス大阪にて開催される
「サービスロボット開発技術展」に出展致します。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

開催概要

サービスロボット開発技術展

展示会名称 サービスロボット開発技術展
日時・時間 2018年6月7日(木)~8日(金)
10:00~17:00
ブースNo. 4-3
入場料 3,000円 ※事前登録者は登録無料
※事前登録はこちら
会場 インテックス大阪

本件に関する問い合わせ窓口

グローバルマーケティング統括部
〒108-8506 東京都港区芝浦2-12-10
TEL: 03-5730-3845 FAX: 03-5730-3916