Skip to Contents

工作機械

さまざまな機械の部品一つ一つはすべて工作機械から生み出されている、といえます。機械の部品を作る「母なる機械」が工作機械です。微細なものから重厚なものまで、工作機械で生み出される部品の加工精度は加速度的に高まりを見せています。この加工精度を左右する案内部にTHK直動システムが貢献しています。

横形マシニングセンタ

切削加工機の主力「マシニングセンタ」。加工物を正確に位置決めするテーブル部、高い切削反力に打ち勝ち、刃物を移動させる機構部はリテーナ入りの高精度・高剛性LMガイド・ボールねじ、また滑らかな回転運動を要求されるテーブル回転部にはクロスローラリングがその役割を担っています。

横形マシニングセンタ


フライス盤

量産品の生産にはマシニングセンタ等のCNC自動機が主流ですが、まだまだフライス盤は最先端で働いています。超々高精度を生み出す最先端の機械もその部品の製造には職人の手による細かい送り操作から生まれます。この職人技を忠実に再現するため、フライス盤の案内部には動きにムダのないLMガイドやボールねじが使用されています。

フライス盤


NC旋盤

マシニングセンタと並ぶ工作機械の主役「NC旋盤」。その刃物台の移動には高剛性・高精度なLMガイド・ボールねじが不可欠です。またLMガイドは高剛性でありながらコンパクトである為、装置の小型化にも貢献しています。

プラノミラー

プラノミラーとは超大型のフライス盤のことです。当然加工する部品も大きく・重くなりますが、テーブル移動部に高剛性のLMガイドを用いることで動きがスムーズになり、大きな部品でも寸分の狂い無く加工することができます。

CNCホブ盤

動きや力を伝える歯車を加工するホブ盤は従来すべり案内を用いていましたが、配管設計や給油管理などで手間がかかっていました。LMガイドとボールねじに潤滑オプションを追加して使用することで設計・組立工数の削減やメンテナンスサイクルの長期化などのメリットが得られます。

平面研削盤

平面研削盤のテーブル送りには近年まで油圧シリンダーが採用されていました。しかしながらテーブル送り機構をボールねじを用いてをサーボ化し、送り速度を高度に制御することで高い生産性が実現されました。またボールねじ化は同時に油圧を用いないクリーンな機械として環境への配慮も可能となりました。