Skip to Contents

住居・ビル

各地で頻発する地震によって、少なからず不安な気持ちを抱かずにはいられません。そんな不安を取り除く、戸建住宅に採用されている「免震システム」についてご紹介します。

戸建免震住宅

戸建免震住宅

 

地震の脅威から命、財産、くらしを守る

地震対策の構造は、2つに大別されます。柱や梁(はり)、壁の強さで建物の揺れを受け止める「耐震」、そして、基礎に設置した装置の動きで地盤の揺れを受け流す「免震」です。免震とは、住宅と地盤の間を直接固定するのではなく、基礎の上に免震システムを施して地震の揺れから住宅を守る構造です。THKの免震システムは左図のように、住宅と基礎の間にLMガイドを十字型に組み込む事により、地震の揺れを建物に伝えにくくします。
詳しいことは、 免震ウェブサイトへ。THK免震システムについてご紹介いたします。


使用されている製品

直動転がり支承CLB

直動転がり支承CLB

LMガイドを十字型に組み合わせた免震装置です。

粘性減衰装置RDT

粘性減衰装置RDT

ボールねじを使用した地震のエネルギーを吸収する装置です。