Skip to Contents

乗り物

HSST( High Speed Surface Transport )は、1974年に開発が開始され「科学万博-つくば'85」では多くの人たちに感動的な体験をもたらしました。その後、1989年の「横浜博覧会」では初の営業運転も実施され実用化に大きく前進しました。そんな次世代交通システムにもTHKの製品が採用されています。

リニモ

リニモ

リニモ/写真提供:愛知高速交通(株)

より高速でより急なカーブを曲がるために。

2005年愛知県で開催された「愛・地球博」にて、次世代交通システムとして脚光を浴びた「リニモ」。車体に取り付けられた電磁石の電流によって発生するレールへの吸引力を利用して車体を浮かせることによって、車体とレール間におこる摩擦力を抑え高速化を実現しています。

車体の前方が先にカーブ区間に入って行くので、浮上・駆動の役目を担うモジュールが車体と完全に固定されていると、直線にしか動けなくなります。そこで一つの車体に設置された5つのモジュールを左右方向にスライドさせることにより、より急なカーブを走行できるようになりました。このモジュールのスライド機構にLMガイドが採用されたことで滑らかで静かな動きを実現しました。

リニモについては 愛知高速交通(株)サイトをご覧ください。
HSST( High Speed Surface Transport )のメカニズムについては 中部エイチ・エス・エス・ティ開発(株)サイトをご覧ください。


使用されている製品

LMガイド

LMガイド

LMガイドは世界で初めて直線運動部の転がり化を実用化した当社の主力製品です。

 
 

エントリーはリクナビから

リクナビ2019