Skip to Contents

THKはどんな未来を描いているのか? 未来を変えるTHKの力
輸送用機器編
基幹産業を支え、 成長分野に貢献していく。

 自動車関連産業は、日本経済を牽引してきた基幹産業であり、昨今では、新興国を中心に世界で市場が拡大している。この巨大なフィールドの未来に、THKは深く関わっている。自動車業界では、資源や環境問題の取り組みとして、燃費性能を向上させるため車体や部品の軽量化が進められている。THKの主要な自動車向け製品であるリンクボールは、スタビライザーの連結部などに使用されており、自動車の軽量化を実現するとともに、高強度かつ滑らかな動きで安全性と快適性の向上に貢献している。

イメージ

▲リンクボールは高級車から大衆車まで幅広く採用されている

 また、進むカーエレクトロニクスの本格化に不可欠な存在として、THKに期待が集まっている。電気自動車では、エネルギー効率を高めるためにステアリングやブレーキなど、多くの部分が油圧制御から電気制御に変わっていくと予想され、電動化製品であるLMガイドやボールねじの需要は拡大していくと考えられる。
 輸送用機器分野における活躍の場は、自動車にとどまらない。航空機部品では操縦桿や尾翼部分、鉄道車両部品ではシートや自動ドア部分、また駅に設置されているホームドアやエレベータにもTHK製品が採用されており、駆動部の安全で正確な動きを実現している。さらに、愛知万博で話題となったリニアモーターカー(Linimo)など次世代交通システムにも使用され、より一層の拡大が期待される。

エントリーはリクナビから

リクナビ2019