Skip to Contents


Home > THKのロボットハンド、「こうのとり」3号機によって宇宙へ

THKのロボットハンド、「こうのとり」3号機によって宇宙へ

2012年07月23日

7月21日(土)11時06分、宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3)を搭載したH-IIBロケット3号機が、種子島宇宙センターから打ち上げられました。

「こうのとり」3号機は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟、船外実験プラットフォーム用の「ポート共有実験装置(Multi-mission Consolidated Equipment: MCE)」を輸送します。

このMCEは、5種類の独立した目的を持つミッション機器を搭載した実験装置です。THKは、そのうちの一つである「EVA支援ロボットの実証実験(REX-J)」ミッションに参画し、宇宙対策を施した小型ボールねじアクチュエータ搭載のロボットハンドの開発を手がけました。

今後「こうのとり」3号機(HTV3)は、国際宇宙ステーションに結合され、THKのロボットハンドが搭載されたREX-Jは、実証実験を行います。

提供:JAXA

H-ⅡBロケット3号機
場所:種子島宇宙センター(鹿児島県)
[提供:JAXA]

Hand & Actuator

左:ロボットハンド 右:宇宙対策を施した小型ボールねじアクチュエータ

 

【用語参考】

国際宇宙ステーションと「きぼう」日本実験棟 
宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3) 
ポート共有実験装置(MCE) 
EVA支援ロボットの実証実験(REXJ)

(JAXA宇宙航空研究開発機構ホームページ)

国際宇宙ステーションでのロボット実験~REXJ」説明動画
(Youtube)

 

【関連ページ】

THKのプロジェクトとはどのようなものか?開発編(ロボットハンド開発) (THK採用ページ内)