Home > 【プレスリリース】搬送ロボット「SIGNAS」の受注を開始

【プレスリリース】搬送ロボット「SIGNAS」の受注を開始

2020年9月1日(火)

「SIGNAS」は、内蔵カメラで目印となるサインポストを認識しながら自律移動する搬送ロボットです。多くの製造・物流現場で用いられている、ルートテープを必要とするAGV(無人搬送車)とは一線を画し、独自の自律移動制御システムを搭載することによって、かつてない新しい誘導方式を実現します。
昨今の労働現場では人手不足が深刻化しつつある一方で、単純作業の省人化や現場スタッフの生産性向上が求められています。「SIGNAS」は、従来、人がおこなっていた搬送作業を自働化するだけでなく、人との協調作業によって生産性の向上を図ります。また、特別なプログラミング知識がなくても経路設定やルート変更が可能で、ロボット操作に不慣れな現場スタッフでも簡単に、安心して扱うことができます。

特長

  1. 独自の自律移動制御システムで簡単設定

    ロボットに内蔵されたステレオカメラで、設置されたサインポスト(目印)との距離・方位を計測し、経路に沿って走行動作(発進/カーブ/スピンターン/停止)を制御します。経路の設定は、サインポストを設置するのみ、煩雑なプログラミング知識は不要です。また、経路の変更もサインポストを移動させるだけで可能です。ルートテープレスのため、レイアウト変更工事の手間もかかりません。


  2. さまざまな用途、使用環境で活躍

    「SIGNAS」は、積載タイプと牽引タイプの2つのラインナップで展開しています。建築現場での資材運搬や工場内の物流を担う一般的なAGV(無人搬送車)では使用場所や用途が限られるのに対し、「SIGNAS」は例えば段差やスロープのある場所や、屋外と屋内を行き来するエリアなどでも運用が可能です。使用環境やスペース、運搬物などの条件に合わせて、幅広い用途にお役立ていただけます。


  3. 安全停止機能も完備

    走行上で障害物を検知するLRF(レーザレンジファインダ)とバンパーセンサを搭載し、進行方向に遮蔽物があれば、安全に停止します。

「SIGNAS®」概要

●製品構成


●価格

標準セット200万円~


●製品仕様


記載内容は、改良のため予告なしに変更されることがあります。
「SIGNAS」はTHK株式会社の登録商標です。

動画ダウンロード

※動画閲覧をご希望される方は、お客様情報のご入力をお願い致します。

 


製品に関するお問合せ窓口


 

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

マーケティングPR部 製品情報・広報企画促進課 中川・石川
TEL:03-5730-3845
E-mail:thk-sp@thk.co.jp

 

PAGE TOP