化学物質の管理・削減

取り組みと実績

リスク物質管理の取り組み

製品に含有され人体や生態系の環境に悪影響を及ぼす可能性がある物質を「環境リスク物質」と定義し、部品や材料への含有を原則的に禁止しています。不純物として混入の可能性がある物質は、許容値を定め対応しています。
EU(欧州連合)の有害物質規制法RoHS指令*1およびREACH規則*2や中国の電子情報製品生産汚染防止管理弁法*3に対しては、国内・海外の生産拠点に対して「グリーン調達ガイドライン」を適用しお客様の要請により必要な情報を提供しています。なお、REACH規則に対しては、必要に応じて関係省庁へ届出しています。
PRTR法*4で指定されている指定化学物質は取り扱い上の管理を厳格にしており、指定化学物質を含まない製品への切り替えを進めています。毎年取扱量の3%削減を目標にしており、2021年は33,950kgと2020年37,962kgに対し減少となりました。各生産拠点の取り組みは、HP上で紹介していますので、ご参照ください。

  • *1 RoHS指令(Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment):電気・電子部品機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令
  • *2 REACH規則(Registration, Evaluation, Authorisation of Chemicals):EUで販売されるほぼ全ての化学物質について安全性評価、情報登録を義務付ける規制
  • *3 電子情報製品生産汚染防止管理弁法:中国版RoHS指令と呼ばれる電子情報製品・部品に含まれる特定有害物質の表示を義務付ける法律
  • *4 PRTR法:特定化学物質の環境への排出量の把握等および管理の改善の促進に関する法律
PRTR物質取扱量と大気への排出量
(kg)
項目 取扱量 大気への
排出量
キシレン 1,308 191
トルエン 2,525 458
エチルベンゼン 375 60
ベンゼン 120 28
メチルナフタレン 26,166 55
その他 3,456 172
合計 33,950 963
  • 対象: 日本12生産拠点(山形、甲府、岐阜、三重、山口、THK新潟、THKインテックス(仙台、三島)、日本スライド工業、THKリズム(浜松、引佐、九州))

各生産拠点での取り組み

山形工場

第1工場LMガイド洗浄工程で使用していたアサヒクリンAK―225に含有されるジクロロペンタフルオロプロパン(別名HCFC-225)を含む製品の製造が2019年の法改正で禁止となりました。2020年度は在庫品を使用していましたが、2021年1月からは当該物質を含まない製品へ変更し取扱量575kg/年の削減となりました。

PAGE TOP