1. トップ
  2. 製品情報
  3. ボールねじ
  4. 製品取扱い上の注意事項

ボールねじ 製品取扱い上の注意事項

ボールねじ取扱い上の注意事項

取扱い

  1. 重量(20kg以上)のある製品を運搬する際は、2人以上または運搬器具を使用しておこなってください。けがや破損の原因となります。
  2. 各部を分解しないでください。機能が損失する原因となります。
  3. ボールねじ軸およびボールねじナットを傾けますと、自重で落下する場合がありますのでご注意ください。
  4. ボールねじを落下させたり、叩いたりしないでください。けがや破損の原因となります。また、衝撃を与えた場合、外観に破損が見られなくとも機能が損失する可能性があります。
  5. 組立時には、ボールねじナットをボールねじ軸から抜かないように作業をおこなってください。
  6. 製品を扱う場合は、必要に応じて保護手袋、安全靴等を着用して安全を確保してください。

使用上の注意

  1. 切り粉やクーラントなど異物の流入のないようご注意ください。破損の原因となります。
  2. 切り粉、クーラント、腐食性のある溶剤、水などが製品内部に流入するような環境下で使用される場合は、ジャバラまたはカバー等により製品への流入を避けてください。
  3. 80℃を超えての使用は避けてください。耐熱仕様を除き、この温度を超えると樹脂・ゴム部品が変形・損傷する恐れがあります。
  4. 切り粉などの異物が付着した場合は、洗浄した後、潤滑剤を再封入してください。
  5. 微揺動の場合は、転動面と転動体の接触面に油膜が形成されにくく、フレッチングを生じることがありますので耐フレッチング性に優れたグリースをご使用ください。また、定期的にボールねじナット1回転程度の動作を加えることにより転動面と転動体に油膜を形成させることを推奨します。
  6. 製品に位置決め部品(ピン、キー等)を無理に打ち込まないでください。転動面に圧痕が生じ機能を損失する原因となります。
  7. ボールねじ軸の支持部とボールねじナットの芯違いや倒れがあると極端に寿命が短くなる場合がありますので、取付部品、組付精度には十分ご注意ください。
  8. 転動体がボールねじナットから脱落した場合は、そのまま使用せずTHKにお問い合わせください。
  9. 縦軸に使用される場合は、落下防止の安全機構を追加する等の対処をしてください。ボールねじナットが自重で落下する恐れがあります。
  10. 許容回転数をこえての使用はしないでください。部品の破損や事故につながります。使用回転数は弊社の仕様範囲内でお願いします。
  11. ボールねじナットをオーバーランさせないでください。ボールの脱落・循環部品の損傷・ボール転動面に圧痕等を発生させ、作動不良を起こすことがあります。また、その状態での継続使用の場合、早期摩耗・循環部品の破損につながることがあります。
  12. ボールねじの使用に際しては、LMガイドやボールスプラインなどの案内要素を設けて使用してください。破損の要因となります。
  13. 取付部材の剛性および精度が不足すると、軸受の荷重が局部的に集中し、軸受性能が著しく低下します。したがって、ハウジングやベースの剛性・精度、固定用ボルトの強度について十分検討ください。

潤滑

  1. 防錆油をよく拭き取り、潤滑剤を封入してからお使いください。
  2. 異なる潤滑剤を混合しての使用は避けてください。増ちょう剤が同種類のグリースでも、添加剤などが異なることにより、お互いに悪影響を及ぼす恐れがあります。
  3. 常に振動が作用する箇所、クリーンルーム、真空、低温・高温など特殊環境下で使用される場合は、仕様・環境に適したグリースをご使用ください。
  4. グリースニップル・油穴が付いていない製品を潤滑する場合には、転動面に直接潤滑剤を塗布し、内部にグリースが入るよう慣らしストロークを数度おこなってください。
  5. 温度によりグリースのちょう度は変化します。ちょう度の変化によってボールねじのトルクも変化しますのでご注意ください。
  6. 給脂後はグリースの攪拌抵抗によりボールねじの回転トルクが増大する可能性があります。必ず慣らし運転をおこない、グリースを十分なじませてから、機械の運転をおこなってください。
  7. 給脂直後は余分なグリースが周囲に飛び散る可能性がありますので、必要に応じて拭き取ってご使用ください。
  8. グリースは使用時間とともに性状は劣化し潤滑性能は低下しますので、使用頻度に応じたグリース点検と補給が必要です。
  9. 使用条件や使用環境により給脂間隔が異なりますが、走行距離100km(3~6ヶ月)を目安に給脂してください。最終的な給脂間隔・量は実機にて設定願います。
  10. 取付け姿勢やナットの給油口によっては、潤滑油が廻らず潤滑不良となる恐れがありますので、設計時に十分ご検討ください。
  11. ボールねじを使用する際には、良好な潤滑をする必要があります。無給油のままで使用すると、転がり部の摩耗が増加し、早期寿命の原因となる場合があります。給油量の目安は表1(潤滑量)に示します。

保管

ボールねじは、弊社の梱包および荷姿で、高温、低温、多湿を避け、水平な状態で室内に保管してください。
長期間保管された製品は内部の潤滑剤が経時劣化していることがありますので、潤滑剤を再給脂してからご使用ください。

廃棄

製品は産業廃棄物として適切な廃棄処置をおこなってください。

DSP取扱い上の注意事項

取扱い

  1. 重量(20kg以上)のある製品を運搬する際は、2人以上または運搬器具を使用して行ってください。けがや破損の原因となります。
  2. 各部を分解しないでください。機能が損失する原因となります。
  3. 軸およびナットを傾けますと、自重で落下する場合がありますのでご注意ください。
  4. 落下させたり、叩いたりしないでください。けがや破損の原因となります。また、衝撃を与えた場合、外観に破損が見られなくとも機能が損失する可能性があります。
  5. 組立時には、ナットを軸から抜かないように作業を行ってください。
  6. 製品を扱う場合は、必要に応じて保護手袋、安全靴等を着用して安全を確保してください。

使用上の注意

  1. 切り粉やクーラントなど異物の流入のないようご注意ください。破損の原因となります。
  2. 切り粉、クーラント、腐食性のある溶剤、水などが製品内部に流入するような環境下で使用される場合は、ジャバラまたはカバー等により製品への流入を避けてください。
  3. 本製品の使用温度範囲は-15~80℃(凍結および結露なきこと)です。
  4. 切り粉などの異物が付着した場合は、洗浄した後、潤滑剤を再封入してください。
  5. 微揺動の場合は、転動溝とボールの接触面に油膜が形成されにくく、フレッチングを生じることがありますので耐フレッチング性に優れたグリースをご使用ください。
    また、定期的にナット1回転程度の動作を加えることにより転動溝とボールに油膜を形成させることを推奨します。
  6. 製品に位置決め部品(ピン、キー等)を無理に打ち込まないでください。転動溝に圧痕が生じ機能を損失する原因となります。
  7. 軸の支持部とナットの芯違いや倒れがあると極端に寿命が短くなる場合がありますので、取付部品、組付精度には十分ご注意ください。
  8. ボールがナットから脱落した場合は、そのまま使用せずTHKまでお問い合わせください。
  9. 縦軸に使用される場合は、落下防止の安全機構を追加する等の対処をしてください。ナットが自重で落下する恐れがあります。
  10. 許容回転数をこえての使用はしないでください。部品の破損や事故につながります。使用回転数は弊社の仕様範囲内でお願いします。
  11. ナットをオーバーランさせないでください。ボールの脱落、循環部品の損傷、ボール転動溝に圧痕等を発生させ、作動不良を起こすことがあります。また、その状態での継続使用の場合、早期摩耗、循環部品の破損につながることがあります。
  12. 取付部材の剛性不足および取付面精度が悪いと、DSPに予期せぬ荷重が作用し、早期破損の原因となります。
    したがって、ハウジングやベースの剛性、精度について十分検討ください。
  13. 製品の作動中または作動できる状態のときは、移動部には絶対に触れないでください。
  14. 複数の人が作業を行う場合は、手順・合図・異常等の措置を予め確認し、別途作業を監視する人をおいてください。
  15. 製品の内部にはストッパが取り付けてありますが、ストローク制限を目的としているため強く衝突した際には破損する可能性があります。

潤滑

  1. 防錆油をよく拭き取り、潤滑剤を封入してからお使いください。
  2. 異なる潤滑剤を混合しての使用は避けてください。増ちょう剤が同種類のグリースでも、添加剤などが異なることにより、お互いに悪影響を及ぼす恐れがあります。
  3. 常に振動が作用する箇所、クリーンルーム、真空、低温、高温など特殊環境下で使用される場合は、仕様、環境に適したグリースをご使用ください。
  4. グリースニップル、油穴が付いていない製品を潤滑する場合には、転動溝に直接潤滑剤を塗布し、内部にグリースが入るよう慣らしストロークを数度行ってください。
  5. 温度によりグリースのちょう度は変化します。ちょう度の変化によってトルクも変化しますのでご注意ください。
  6. 給脂後はグリースの攪拌抵抗によりDSPの回転トルクが増大する可能性があります。必ず慣らし運転を行い、グリースを十分なじませてから、機械の運転を行ってください。
  7. 給脂直後は余分なグリースが周囲に飛び散る可能性がありますので、必要に応じて拭き取ってご使用ください。
  8. グリースは使用時間とともに性状は劣化し潤滑性能は低下します。使用頻度に応じたグリース点検と補給が必要です。
  9. 使用条件や使用環境により給脂間隔が異なりますが、走行距離500km(6ヶ月)を目安に給脂してください。最終的な給脂間隔、量は実機にて設定願います。
  10. 取付け姿勢やナットの給油口によっては、潤滑油が廻らず潤滑不良となる恐れがありますので、設計時に十分ご検討ください。
  11. DSPを使用する際には、良好な潤滑をする必要があります。無給脂のままで使用すると、転がり部の摩耗が増加し、早期寿命の原因となる場合があります。

保管

  1. DSPは、弊社の梱包および荷姿で、高温、低温、多湿を避け、水平な状態で室内に保管してください。
  2. 長期間保管された製品は内部の潤滑剤が経時劣化していることがありますので、潤滑剤を再給脂してからご使用ください。

廃棄

  1. 製品を処分する場合は産業廃棄物として適切な廃棄処置を行ってください。

ボールねじ用オプションの取扱い上の注意事項

ボールねじ用 潤滑装置QZ

QZの詳細はオプション:潤滑装置 QZをご参照ください。

選定上の注意

ストロークは潤滑装置QZ付のねじ軸全長以上にしてください。

取扱い

本製品を落下させたり、叩いたりしないでください。けがや破損の原因となります。
グリースなどで空気穴をふさがないようにしてください。
QZは転動面のみへ油分を供給する装置であるため、定期給脂・定期給油と併用してご使用ください。
潤滑装置QZ付き仕様は必要最小限の潤滑油を転動面に供給します。立使用などの使用条件によっては、潤滑油の性質上によりボールねじ軸より潤滑油が滴下することがありますのでご注意ください。

使用環境

本製品の使用温度範囲は‒10~50℃とし、有機溶剤、白灯油中等での洗浄または、包装を解いた状態での放置は避けてください。