Skip to Contents


Home > IR情報 > 個人投資家の皆様へ > LMガイドのパイオニア

LMガイドのパイオニア

機械の運動部は、回転と直線、そしてこれらの組み合わせに大別されるといっても過言ではありません。回転運動部はすでに約110年前に、回転用ベアリングが開発され、ほとんどが「ころがり化」し、大きな技術革新をもたらしました。その「ころがり化」は、摩擦抵抗を最小に抑え、動力エネルギーの節約、ひいては性能向上に大きく貢献しました。これに対して、直線運動部の「ころがり化」は、回転運動部のそれに比べて十数倍のメリットがあるにもかかわらず、実現されていませんでした。

LMガイド

 

THKは、これまで困難といわれてきた機械の直線運動部のころがり化を独自の技術により実現し、1972年「直線運動案内(Linear Motion Guide – LMガイド)」として世界で初めて製品化しました。この直線運動部のころがり化は、メカトロニクス機器の高精度化・高速化・省力化など、機械性能を飛躍的に向上させました。

THKの「LMガイド」を取付けることにより、工作機械、産業用ロボットは超精密な作業が可能となり、半導体製造装置も、サブミクロン単位の精度を実現しました。最近では、液晶製造ライン、鉄道車両、福祉車両、医療用機器、高層ビルや住宅、アミューズメント機器などにも使用され「LMガイド」の用途はまさに無限大の広がりを見せています。